2014-05-16

本のご紹介「写実画のすごい世界」

























Girls Start the Riot/橋爪彩














5.55/生島浩










雲海の下/卯野和宏



「写実画のすごい世界」は、日本の写実画家を紹介した本。主に女性をモチーフとした作品を掲載しています。

いやぁ…すごいです。

写実画は「もう、写真で良くない?」というつっこみをよく聞くものですが、この中の作品は、そんな言葉を寄せ付けないパワーを持っています。

一言で写実画と言っても、人によって画風には差があります。絵だとは気づかない程リアルなものや、絵の具の質感を少し活かしたもの、背景や輪郭のぼかし方、肌の色つやの表現の仕方…わたしは、やや絵独特の何とも言えない違和感、絵の具感があり、透き通るような目や肌の作品が好きでした。

こういった絵は、計り知れない数の修練により生まれるものです。描く。何度も何度も何何度も。しかもなかなか仕事として、生活するための収入は得にくいもの。それでもとにかく描き続けた、それほど好きだった、それだけで価値のあるものかもしれません。

この本には「Ⅱ」があります。まだ手を付けていないのですが、楽しみです。


ちなみに画像はつけていますが、実際に本を見てください。数倍すごいですから。



0 件のコメント:

コメントを投稿