2014-10-12

[経営者向け]事業の成功のために
デザイン戦略の重要性①


デザインは、企業の経営活動の付属品のように誤解される事が多いのですが、そうではありません。むしろ、事業の成功のため、マーケティングに非常に大きな影響をもたらすものです。

ブランディングデザインというものをご存知でしょうか。
それは、「コンセプトの策定・ロゴデザイン・商品パッケージ・広告などにより、差別化された企業や商品の価値を、顧客(と従業員)に適切にアプローチするデザイン戦略」です。これもよく誤解されているようですが、「ロゴなどのCI(コーポレートアイデンティティ)を格好良くする」という、部分的な取り組みではなく、「事業やその商品がいかにして成功する(売れる)のかを、経営戦略の視点で考え、デザインすること」と言えます。

ブランディングデザインをきちんと管理・継続することによって、多くの企業が成功をおさめています。そしてそれは、有名企業や大企業に限った話ではありません。むしろ、それらの企業は適切なマネジメントと共に良質なデザインによって、企業やその商品の価値を成長させてきたために、今日の成功を得たと言っても過言ではありません。
それほどデザイン戦略は、企業やその商品の価値を大きく左右するのです。

ですがもちろん、デザインだけで全てが変わるということはありません。
ビジネスには経営者の志が必要です。その志を体現化し、より多くの人に届くようにする。つまりデザインですべきことは、上っ面の表現で企業や商品を装い、偽りの魅力を演出することではなく、その企業や商品の持っている魅力を磨きあげ、それを顧客にきちんと伝えることなのです。

価値のある企業、商品、サービスは、その魅力や強みに見合ったデザインを身にまとう必要があります。もし間違ったデザイン戦略になってしまっていれば、その価値を半減させ、多くの人に気付かれないかもしれません。

デザインは、企業と顧客の最も重要なコミュニケーションポイントと言えます。
良質な商品やサービスをつくりだす企業の価値を、良いものを「良いものですよ」と顧客に正しく伝えてあげる。そのために例えば、ロゴやパッケージ、広告、WEBによるデザイン戦略を行う。そうした適切なデザイン戦略を行い、顧客の中に良好なイメージを育てていくことで、会社の未来の成長と資産につなげていく。

私は、デザインによって事業の発展をバックアップしたい!そう考えています。


「[経営者向け]事業の成功のために-デザイン戦略の重要性②」につづきます



にほんブログ村 デザインブログへ

↑よろしければブログランキングポイントのためクリックをお願いします。

Google+で共有

0 件のコメント:

コメントを投稿