2014-11-21

過去のデザイン|Book Man



新聞社の新聞広告賞に出品した作品です。
読書を推進する新聞広告、という企画内容でした。

「本を読みましょう」と素直にうたってみたって
「勉強しましょう」みたいで受け入れられるはずがない。

「感動」や「興奮」などと受け手の感情を煽るのが
一番やりやすい形かもしれませんが、
今はテレビやネット、ゲーム、スマホなどなど、
他にも娯楽はたくさんあります。

また、読書の特性である「教養」「知識」なども
訴求ポイントとなるのでしょうが、
普段あまり本を読まない人に教養だ、知識だと伝えても
むしろ引かれる可能性がある。

教養や知識を「読書する人の方が勝ち組に!」とか
「知らないあなたは損してる!」とか現実的な理屈で
煽ることもできるのですが、読書を楽しむって
そういうことかな?と考えました。

そういう理屈よりももっと、
人のココロに残るアプローチがしたいと考え、
「Book Man」というキャラクターをつくりました。

読書の魅力を、感情の起伏を、言葉を使わず
彼に体現してもらったのです。

お題は新聞広告だったのでできませんでしたが、
その媒体の枠を超え、キャンペーンとしていろいろな場所で
活躍してもらうときっと楽しくなるだろうと、
妄想を膨らませながら制作しました。

残念ながら受賞はなりませんでしたが、
願わくばいつか、Book Man、世に出せたら…いいなぁ。


にほんブログ村 デザインブログへ

↑よろしければブログランキングポイントのためクリックをお願いします。

Google+で共有

0 件のコメント:

コメントを投稿