2014-11-05

[過去のデザイン]GⅠ福岡チャンピオンカップ


2011年か2012年頃の制作物でしょうか。
ボートレース GⅠ福岡チャンピオンカップ告知ビジュアル
(画像はB1ポスター)です。

最近ではアッキーニャや渡辺直美さんのCMが有名ですが
地方の各レース場では独自路線の広告を
大きなレースの度にうっています。



このビジュアルをつくった時にクライアントからあった要望は
「若い未経験層を取り込みたい」とのこと。

「競艇」から「ボートレース」へとネーミングを変更し、
若者向けのイメージ戦略を行っているとはいえ、
どうしてもコアな中高年のもの、というイメージが払拭できていません。

それは短期的に成功させるというのは至難の業です。
人の価値イメージはそう簡単には覆らず、
時間をかけ継続的に若者をターゲットとしたデザイン戦略などを
行っていかなければいけません。

とはいえこのケースではその戦略の一部として
若者向けのデザインを行っています。

全体の構成を映画のポスターで見るようなつくりにし、
今までの「迫力」や「スピード」、「水しぶき」という
定番の路線からの脱却を図っています。

各選手を合成により光と影のコントラストを強めて
ドラマチックなストーリー性をつくり出しました。

コアなファンは艇やヘルメット、カポック(上着)を見れば
一目でボートレースとわかるもの。
そこを抑えつつ若者層に少しシフトしたビジュアルにしました。



クライアントにも気に入っていただき、
来場人数も増えたとの事で好評でした。

しかし肝心の若者層を取り込むという点では
この一度きりでは難しく、まだまだ課題となっている事と思います。

コンペ形式の悪い部分がここにあります。
一度信頼できるデザイナーやディレクターに出会ったなら、
継続してデザイン戦略を行うべきです。

こういうイベントがあるたびにコンペでは、
その度決まるデザイナーの意思は違い、
何か大きな結果を出す事はできません。

一本の筋を通さないデザインの数々は見る人を困惑させ、
結果何も残りません。

一貫したイメージをつくることが、人格をつくることが、
デザイン対象の価値を高めることを
多くの経営者や広報担当者に知ってもらいたいと強く思います。


BOAT RACE OFFICIAL WEBSITE
http://www.boatrace.jp


にほんブログ村 デザインブログへ

↑良ければランキングポイントのためクリックをお願いします。

Google+で共有

1 件のコメント: